専業主婦でも銀行系カードローンを借りれる

利用したカードローンは地方銀行のもので、複数あるサービスの中からレディースローンというものを選びました。やはり一般向けのサービスよりは信頼でき、収入に関する申告でも安心できました。審査は自分自身の情報を入力し、運転免許証のコピー、収入証明書を渡し、印鑑を契約書に押すという一般的な手続きでした。

 

利用目的についてはチェックボックスをマークすればよいだけだったのでとても楽でした。最初は面接などをして借入理由などもしっかり伝えなければいけないかと思いましたが、かなり簡単な申込だけで借り入れできたので逆に不安になってしまいました。近年のサービスでは特によほど大金の借入でない限りは面談まではしないようで、機械でそれらの審査を済ませられるようになっているようでした。

 

時代の変化にも驚きましたが、私自身がしっかりお金の管理をしていないと使いすぎてしまいそうだと思いました。カードローンなどを利用して多重債務になったり、借り入れしすぎてしまうのもこうした便利すぎるサービスがあるからだと思いました。

 

ほとんど他人の目を気にすることなく申し込みも簡単にできてしまったので、自己管理ができない方が利用すれば大目に借り入れしてしまうでしょう。審査では収入証明書を提出したためか申告した希望限度額よりも多めの金額が設定されていました。そこまで利用するつもりはなかったので、今現在でも多くは借りていませんが、限度額未満であれば返済期間中にも借り入れができるようでした。

 

返済日に借り入れてもよいようだったので、非常に自由度が高く、工夫次第では相当役に立つサービスでしょう。私の場合は利用している銀行の自動融資にも設定できたので、色々とバックアップや保険として安全に活用することができています。

 

少しでもカードローンを利用しやすくしよう

借入は少しでも注意して活用

カードローンやキャッシングなど、少額からでも利用できるサービスは多いですが、それらは少しの金額でも借り入れしすぎると生活を脅かすような危険な存在になることもあります。少額しか借り入れない場合でも、少しずつエスカレートして借入金額が多くなってしまうこともあるので、十分慎重に利用してください。

 

しっかり返済ができていればよいですが、それでも急に仕事を失ってしまえば、返済もできなくなってしまいます。信用情報に傷がつけばそれだけで大きなリスクを負うことになるので、少しでも安全に利用できるよう、計画をしっかりと立てて借り入れと返済をするようにしましょう。

 

審査内容は事前に確認

カードローンの情報は銀行のホームページに記載されています。情報が掲載されていないサービスは怪しいので絶対に利用しないようにしましょう。一般的なカードローンはしっかりと返済方式や金利の幅、保証会社なども記載されるので、それがない場合にはあまり信用できるサービスではないので頼ってはいけません。審査前に、サービスの内容をしっかりと把握しておきましょう。

 

また、審査にしっかり通過するには指定されている提出物は忘れずに用意しましょう。免許証のコピーや印鑑は必須で、収入証明書を用意したいならば、しっかりとコピーまで取って用意しておきましょう。事前の準備がしっかりできていれば借り入れもスムーズにできるので、審査前の段階で遅れてしまわないようにしてください。

 

書類は最新のものを用意

カードローンなどで利用する収入証明書や免許証のコピーは最新のものを利用するようにしましょう。数年前にコピーしてから何も情報が変わっていなくてもできるだけ新しいものを利用しないと審査に通過できないこともあります。

 

信用情報に記載されている情報と差があるだけで審査には通過できないので、決して準備を怠らないようにしてください。安易な審査は信用情報を傷つけてしまい、逆に危険な状態になってしまうので、注意が必要です。人によってはカードローンの審査に落ちたというだけで、クレジットカードなどが止められてしまうこともあります。

 

他にも利用しているサービスがあれば、少しでも安全に借り入れができるように無理な審査を受けないようにしてください。